庭木いじり基礎の基礎

自分の家を持ったら庭木を植えてみましょう。それまでガーデニングや庭木に興味がなかった人でも、家を持つと気持ちに変化が起こります。殺風景な庭ではさびしいですからね。何か緑が欲しくなるものです。植物は人の気持ちを癒す効果があります。また隣の家や道路からの目隠しにもなります。庭木にはいろいろな役目があるのです。

と言っても素人がいきなり庭木いじりをする場合、何から始めていいのかわからないでしょう。まずは庭木いじりの基礎を勉強しましょう。庭木の種類や土つくり、植え方など基本を知れば、それほど難しいことではありません。たとえ小さな庭でも工夫していくつかの種類の庭木を植えてみると、楽しくなりますよ。一緒に花を育てたり野菜を作るのも楽しいものです。庭がある家を持ったら、ぜひ庭木いじりに挑戦しましょう。ここでは庭木いじりの基本を説明します。できるところからでも始めてみるといいでしょう。

庭木いじり基礎の基礎

庭木の種類

庭木にはいろいろな種類があります。好みで選びましょう。

まずは庭木を手入れすることから

まずは庭木を手入れすることが庭木いじりの第一歩。

景観をイメージする

景観をイメージして庭木いじりをするとバランスのいい庭になる。

実際に剪定してみよう

実際に剪定をして庭木をいい状態に保ちましょう。

庭木いじりは基礎を知れば簡単、挑戦してみよう。

Copyright(C) 2011 - 庭木いじり基礎の基礎 - All Rights Reserved.